一般的には、車検を受ける際、ディーラーや自動車整備工場、カー用品店、ガソリンスタンドで受けることが多いでが、車を乗っている方なら一度は聞いたことがある、ユーザー車検というものがあります。ユーザー車検の特徴は、自分で、書類作成から検査までを自分で行うことにあります。その分、車検費用を安く抑えることが出来るので、最近では自分で車検を受ける方が増えています。また、検査を受ける際に普通自動車と軽自動車では検査を受ける場所が違います。普通自動車では全国各地の運輸支局で、軽自動車では全国各地の軽自動車検査協会に持っていくことになります。初めてユーザー車検を受けるときは手間がかかったり不安になったりしますが、やり方や方法を一度覚えてしまうと車検自体はあまり難しくありません。手間がかかった分車検費用を抑えれるというメリットがあるので一度検討してみる価値はあります。

ユーザー車検のポイントとは

ユーザー車検に興味がある人は、たくさんいるはずです。高い感じる車検の費用を安くすることができますので、知識がある人はユーザー車検をすることをお勧めします。しかし、簡単に車検を通過できるわけではありません。重要な点検項目は、不備がある場合は必ず車検を通過することはできません。車検時によく引っかかってしまう項目として、油脂類の漏れがあります。車自体に大きな不備がなくても、油脂類が少しでも漏れている場合は車検を通過することはできません。もし、車検の前にオイルの交換を行った場合は、漏れがないかのチェックを行っておくことも重要ですが、交換したオイルが周辺に付着していないかもチェックしておきましょう。漏れではなくても、周辺にオイルが付着しているだけで、車検に通過できないこともありますので、しっかり注意をするようにしましょう。

ユーザー車検はさまざまな知識が必要

ユーザー車検のポイントとなることは、点検の項目の把握と、その点検箇所の知識でしょう。車検を自分で行う前には、しっかり点検を行っておく必要があります。しかし、どのような箇所を点検するべきか理解していることが重要になってくるでしょう。こうした点検箇所は、インターネットで調べることができます。点検項目を全てクリアーしなければなりませんので、時間をかけて不備がないかをチェックしておきます。また、修理が必要な場合は、自分で修理ができる知識を得ておくことも大切です。例えばブレーキに不備が見つかった場合には、そのブレーキの構造を理解して修理を行うことが重要になります。もし、修理に不安を感じている場合は、無理に自分で修理を行うことを避けるようにするべきです。点検は業者に任せて、車検は自分で行うという方法もあります。